愛知県東海市の宴会・お食事・ランチ・法要・なら富木島寿司の「お知らせ」ページ

お知らせNews

お知らせ

18.11.05

本日は定休日です。 富木島寿司

本日は定休日です。

富木島寿司は郷土を愛し、郷土に愛される店づくりを目指しています。

姉妹都市に関すること

<http://www.city.tokai.aichi.jp>

オーストラリアビクトリア州マセドンレンジズ市
姉妹都市提携日

平成19年5月10日

マセドンレンジズ市

■マセドンレンジズ市の概要
マセドンレンジズ市は、カイントン地域を始め9つの地域に よって成り立っており、オーストラリア第2の都市・メルボル ンから車で北西へ1時間ほどの場所にあります。 市の面積の大半は豊かな自然や広大な農場であり、気候は温 暖で、マセドン山を擁するマセドン山脈の豊かな森林や、溶岩 流によって作られた渓谷などが特徴的で、肥沃な土壌と多様な 生態系を育んでいます。また、火山噴火によってできた山であ るハンギングロックや、マセドン山の山頂にある戦没者記念碑 のメモリアルクロスは、市の象徴的な建造物となっています。 主要産業は観光業と農業です。観光業では豊かな自然と古い 町並みを主要な観光資源として、年間を通じてお祭りや芸術、文化などのイ ベントを催して、観光客誘致を図っています。 農業では羊や牛の飼育・交配が盛んであり、町の周辺では、大規模農業経 営が行われています。丘陵地帯にはぶどう畑が広がり、東海市内でも提供されているワインの醸造所であるハン ギングロックワイナリーをはじめとした多数のワイナリーが点在し、近年では国内有数のワイン産地として知られています。
提携までの経緯
平成 14 年から東海市国際交流協会を中心にお互いの市の訪問と交流が続いており、友好を深めてきました。 平成 23 年度からは「東海市海外体験学習事業」として、毎年中学生がマセドンレンジズ市でホームステイを 行っています。 様々な交流を経て、平成 25 年 9 月にマセドンレンジズ市長始め訪問団4名を本市にお迎えし、姉妹都市提 携に向けた覚書を締結、翌年の平成 26 年 10 月 16 日に東海市長、東海市議会議長始め東海市国際交流協会主 催の市民ツアー20 名も参加し、マセドンレンジズ市にて姉妹都市提携調印式が行われました。

■マセドンレンジズ市との交流関係経過
平成15年 東海市国際交流協会会長始め理事5名がマセドンを視察訪問

平成16年 市民交流団(公募)23名がマセドン及びシドニーを訪問

平成17年 東海市国際交流協会設立10周年記念式典へ参加するため、マセドン市民23 名が来訪、東海市民との交流を実施 マセドン市長始め2名が来訪

平成18年 市民交流団(公募)10名がマセドンを訪問 上野中学校視察団が「輝く学校づくり事業」の視察に訪問

平成19年 上野中学校生徒が「輝く学校づくり事業」で訪問(平成23年まで実施)

平成20年 市民交流団(公募)18名がマセドンを訪問

平成21年 マセドン市長始め5名受入

平成22年 愛知県とビクトリア州の友好提携30周年をきっかけとして、東海市長及び市 民交流団(公募20名)が、マセドンを訪問

平成23年 海外体験事業事前調査で、教育委員長始め8名がマセドン訪問

平成24年 海外体験学習事業として、中学校1・2年生がマセドンレンジズ市を訪問、ホ ームステイによる家庭体験と生徒間交流を開始(以降毎年実施) マセドン市長始め4名が来訪

平成25年 マセドン市長始め4名及び市民訪問団4名が来訪。9月29日、東海市国際交流協会20周年記念式典において姉妹都市提携に向けた覚書を締結

平成26年 東海市長、東海市議会議長始め6名、姉妹都市提携調印のためマセドンレンジ ズ市を訪問。市国際交流協会主催の市民ツアー20名も参加。 マセドンレンジズ市において、姉妹都市提携調印式(10月16日)

平成27年 東海市芸術劇場開館記念式典に、市長始め9名及び市民訪問団3名が来訪し、 姉妹都市提携記念植樹、記念交流会を実施。 職員を相互派遣(以降毎年実施)。 教職員をブレーマー校に派遣、授業内容の見学及び実践等を実施(以降毎年) 文化多様性週間交流事業に、東海市副市長はじめ市国際交流協会、市書道連盟、 市剣詩舞道クラブ、東海市の民謡(踊)保存会から19名が訪問し参加。

平成29年 マセドンレンジズ市に日本庭園ステージ1完成(東海市 デザイン等協力)

富木島寿司はこれからもここ東海市で、美味しい料理とあたたかいおもてなしで皆様のしあわせに貢献してまいります。
食事に、宴会に、法事・慶事などの集まりには東海市の富木島寿司へ、ぜひお越しください。