愛知県東海市の宴会・お食事・ランチ・法要・なら富木島寿司の「お知らせ」ページ

お知らせNews

お知らせ

18.10.15

本日は定休日です。

本日は定休日です。

富木島寿司は郷土を愛し、郷土に愛される店づくりを目指しています。

姉妹都市に関すること

<http://www.city.tokai.aichi.jp>

岩手県釜石市

 昭和39年釜石製鐵所から東海製鐵所へ従業員745人(家族を含め2,279人)が転勤したことから交流が開始。

姉妹都市提携日

平成19年3月24日

釜石市

■釜石市の概要
釜石市は、岩手県の南東部、三陸復興国立公園のほぼ中心に位置し、世界三大漁 業の一つ、三陸漁場と典型的なリアス式海岸を控え、また、近代製鉄発祥の地とし ての歴史を持ち、「鉄と魚とラグビーのまち」として発展してきました。 平成 23 年3月 11 日東日本大震災による津波で大きな被害を受けましたが、現 在は、釜石市復興まちづくり計画「スクラムかまいし復興プラン」に基づき復旧復 興を進めています。 平成 27 年 7 月には、釜石市の橋野鉄鉱山を含む「明治日本の産業革命遺産 製 鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録されました。また、岩手県と釜石市 は 2019 年に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催都市の一つにも選ば れました。 ・提携までの経緯 昭和 39 年、釜石製鐵所から東海製鐵所へ従業員 745 人(家族を含め 2,279 人)が転勤。「民族の大移動」とも言われ、昭和 44 年までに約 1,700 人の従業員 が転勤しました。 昭和 59 年、釜石市のバレーボールチームが東海市を訪問して行われたスポーツ 交流を皮切りに、平成元年には東海市制 20 周年記念事業として産業まつりに釜石 市を招き、平成 4 年には釜石市の「三陸・海の博覧会」へ出展するなど物産の交流 も行われるようになりました。 平成 15 年、「災害時における相互応援に関する協定」を締結、平成 18 年には トヨフジ海運㈱を加えた 3 者の間で「船舶による災害救助に必要な物資等の緊急 輸送に関する協定」を締結。両市の絆が深まる中、平成 18 年 12 月に両市議会で、 それぞれ姉妹都市提携議案が議決され、翌年 3 月 24 日に釜石市で姉妹都市提携の 調印式が行われました。

■釜石市との交流関係経過

昭和39年 釜石製鐵所から東海製鐵所へ従業員745人(家族を含め2,279人)が転勤。 「民族の大移動」とも言われ、昭和44年までに約1,700人の従業員が転勤。

昭和59年 釜石市バレーボールチーム東海市へ交流訪問
昭和60年 東海市ママさんバレーボールチームが、釜石市へ遠征

平成 元年 東海市制20周年記念事業として、東海市産業まつりに釜石市、沖縄市及び米沢 市を招聘 東海市でママさんバレーボール東海・釜石・沖縄交流大会を開催

平成 2年 釜石市を東海市産業まつりに招聘(以降毎年実施)
平成 4年 三陸・海の博覧会へ出展・販売 東海市ママさんバレーボールチームが、釜石市へ遠征
平成 6年 釜石市産業まつりへ出展・販売(以降毎年実施)
平成 7年 ふるさと交流事業(はまゆり駅伝)に参加(平成8年、9年も参加)
平成10年 「虎舞愛好会」が東海市文化奨励賞を受賞
平成11年 東海市制30周年記念式典に市長、議長出席
平成15年 「災害時における相互応援に関する協定」締結
平成16年 東海市制35周年記念式典に市長、議長出席
平成17年 愛知万博東海市の日に釜石市の虎舞保存会出演 釜石市観光協会から釜石市特産品等展示ケース寄贈

平成18年 トヨフジ海運を交えた3者で「船舶による災害救助に必要な物資等の緊急輸送に 関する協定」締結(6月30日) 姉妹都市スポーツ振興交流事業(東海ラグビースクール小学生を派遣)

平成19年 釜石市において、姉妹都市提携調印式(3月24日)
記念植樹(上野台公園にタブノキ) 釜石市制施行70周年・三大基盤整備完成記念式典(5月26日) 姉妹都市提携記念交流会(11月9日)、記念植樹(上野台公園にタブノキ) 姉妹都市スポーツ振興交流事業(釜石市からラグビースクール小学生受入)

平成20年 東海市文化協会が釜石市を訪問し釜石市芸術文化協会と交流会を開催 姉妹都市スポーツ振興交流事業(スポーツ少年クラブ、体育協会剣道部 小中学 生を派遣) 平成21年 東海市制40周年記念式典に釜石市市長・議長出席 東海市制40周年記念国内姉妹都市スポーツ振興交流事業(剣道)(米沢市、釜 石市、沖縄市から市内小中学生を受入) 平成23年 姉妹都市スポーツ振興交流事業(サッカー)(釜石市から市内小中学生選抜を受 入)
東日本大震災発生(3月11日) 市長と市議会議長が釜石市を訪問(4月30日) 市民から衣類などの物資等を募り、釜石市へ提供 復興関係職員を釜石市へ派遣(以降毎年実施) 釜石市復興イベント『夢・希望・そして未来へ「たちあがろう釜石」』にふるさと 大使を派遣、コンサートを実施(今陽子氏、山浦ひさし氏、ヨツヤタカヒロ.氏) 東日本大震災釜石市復興支援金贈呈に伴う訪問 釜石市東日本大震災犠牲者追悼式典 名鉄太田川駅連続立体交差事業高架化及び太田川駅前広場、50m歩道等完成記 念式典に釜石市副市長、釜石市議会議長が出席

平成24年 スクラムかまいし復興支援基金を創設 スクラムかまいし復興支援基金を活用した復興支援事業の実施(以降毎年実施) 東海市一太郎翁とまと記念館主催で音のぷれぜんと『みんなのコンサート』を実 施(岩手県立釜石商工高等学校体育館) 復興支援のお礼として東海秋まつりにおいて釜石市特産品の振る舞い(以降 毎年実施) 東海市スクラムかまいし復興支援基金事業「ラグビーワールドカップ2019誘 致に向けた講演会」を開催(東海市内) 姉妹都市スポーツ振興交流事業(サッカー)(市内小中学生選抜を派遣)

平成25年 とまと記念館「やすらぎ地蔵」プロジェクト実施(とまと記念館) 嚶鳴協議会災害時相互応援協定賛同自治体との「災害時における相互応援に関す る協定」締結(東京にて) 「輝く学校づくり事業」として、東海市立加木屋中学校の代表生徒が釜石市へ訪 問(以降平成27年度まで実施) 姉妹都市スポーツ振興交流事業(軟式野球)(市内中学生選抜を派遣) 釜石市内の小学校へ遊具の寄附(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 平成26年 ラグビーワールドカップ誘致支援事業として釜石市にてかまいしロールアクショ ンの実施(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 東海市にて、東海市社会福祉協議会と釜石市社会福祉協議会が「災害時における 相互応援及び地域交流に関する協定調印式」を実施 東海市市制45周年記念式典に釜石市長、議長出席 東海市制45周年記念国内姉妹都市スポーツ振興交流事業(軟式野球)(米沢市・ 釜石市、沖縄市から中学生を受入)
東日本大震災復興支援ボランティア事業として、東海市社会福祉協議会が大人20名、中学生30名を派遣。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 青少年健全育成事業として、東海青年会議所が大人21名、小学生24名がボラ ンティア活動、各種交流事業を実施(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 東海市・釜石市合同の海外体験学習事業(マセドンレンジズ市へ中学生を派遣) の実施(以降毎年実施)

平成27年 ラグビーワールドカップスタジアム建設を支援するため「釜石市ラグビーこども 未来基金」へ3千万円を寄附。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 東日本大震災復興支援ボランティア事業として、東海市社会福祉協議会が大人1 5名、中学生20名を派遣。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 東海市芸術劇場開館記念式典に釜石市副市長、議長出席 釜石高校甲子園出場に伴い、合宿の受け入れ及び応援市民ツアーを実施(東海市 スクラムかまいし復興支援基金)

平成28年 東日本大震災復興支援ボランティア事業として、東海市社会福祉協議会が大人1 5名、中学生20名を派遣。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 姉妹都市ラグビーワールドカップ 2019 支援事業として、釜石タウンミーティン グ in 東海を実施。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) スクラムかまいし復興支援記念植樹準備事業として、本巣市(岐阜県)の淡墨桜 の植樹を実施。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 「輝く学校づくり事業」の一環で加木屋中学校の生徒が訪問・活動内容の展示を 東海市芸術劇場等で実施
平成29年 東日本大震災復興支援ボランティア事業として、東海市社会福祉協議会が大人1 5名、中学生20名を派遣。(東海市スクラムかまいし復興支援基金) 姉妹都市スポーツ振興交流事業(バレー)実施(釜石市中学生受入) 姉妹都市ラグビーワールドカップ 2019 支援実行委員会を設置し、東海秋まつり やイルミネーション事業等においてワールドカップの広報活動を実施。(東海市ス クラムかまいし復興支援基金)

平成30年 釜石市制施行80周年記念式典に、市長、議長出席(2月9日) 加木屋中学生20名合唱団として、派遣 合唱曲「いつかこの海をこえて」

富木島寿司はこれからもここ東海市で、美味しい料理とあたたかいおもてなしで皆様のしあわせに貢献してまいります。
食事に、宴会に、法事・慶事などの集まりには東海市の富木島寿司へ、ぜひお越しください。