愛知県東海市の宴会・お食事・ランチ・法要・なら富木島寿司の「お知らせ」ページ

お知らせNews

店舗ブログ

18.07.22

お中元

お世話になっている方からお中元が届きました。もうそんな季節なのですね。お中元はお盆までにご挨拶に伺えば良いかと何となく思っていましたが、最近はどうもそうではないようですね。完全に出遅れてしまいました・・・。急ぎ準備をしなくては・・・と言いながら週末の仕込みに忙殺され、週明けからの準備になるのですが・・・。やはり日頃お世話になっている方への感謝は形で示すべきだと思います。こうした風習は大切にしていきたいと思う本日でした。本日も多くのお客様にご来店頂きありがとうございました。

お中元

<http://www.hibiyakadan.com>

【北海道】7月中旬から8月15日まで

青空に映えるひまわり
北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日にお中元を贈ることが一般的です。
1ヶ月間と比較的期間に余裕があると言えるでしょう。ただし、別の地域から7月15日よりも早くお中元が届くことがあるためか、北海道でのお中元の時期も徐々に早まってきているようです。8月16日以降はお中元ではなく「残暑見舞い」という扱いになります。北海道の方にお中元を贈る場合は、8月15日までに届くよう気をつけましょう。

【東北・関東】7月初旬から7月15日まで

東北と関東は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の期間です。
7月1日~7月15日までに届くよう手配してください。7月16日以降はお中元ではなく残暑見舞い扱いになります。 近年では東京・神奈川を中心にお中元の時期が早まっており、6月20日ごろから贈りはじめる方が増えているようです。理由として、関東・東北はお中元の期間が短いことが挙げられます。お中元はもともと直接持参することがマナーとされていましたが、現在は地理的・時間的に配送することが一般的です。 しかし、2週間という短い期間にお中元の配送が集中してしまうため、日時指定ができない、または日時を指定しても配送が遅れることがあります。このような事態を避けるために、念のため早めに配送する方が増えたと考えられます。

【北陸】地区によって7月と8月に分かれる

風鈴と朝顔
北陸の場合、関東と同じく7月初旬~7月15日にお中元を贈る地区と、北海道と同じく7月15日~8月15日の時期に贈る地区に分かれます。都市部を中心とした広い範囲で関東と同じ時期に贈るため、北海道と同じ時期の地区は比較的少ないようです。北陸の方にお中元を贈る場合は、特に注意しましょう。

【東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日まで

東海・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈ることが一般的です。
しかし、お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、年々早くなっています。 お中元として贈ることができる時期は8月15日までのため、8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。しかしお中元の時期が早まっていることもあり、9月に入ってから残暑見舞いを贈ると、先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。どうしても8月15日までにお中元を贈ることができない場合は、8月25日ごろまでに残暑お見舞いが届くよう手配しましょう。

【九州】8月1から8月15日までが一般的

御中元
九州の場合、関東や東北と丸1ヶ月もお中元の時期が異なります。
九州の方にお中元を贈る際は、8月1から8月15日までに届くよう手配しましょう。
ただし、やはり九州でも年々お中元の時期は早まっており、7月中に贈る方も増えているようです。
残暑見舞いとして贈る場合でも、関西などの地域と同じく8月25日頃までに届くよう気をつけてください。

【沖縄】旧暦の7月15日まで

沖縄は他の地域とは異なり、旧暦の7月15日までにお中元を贈ることが主流です。
そのため年によって、お中元の時期が異なります。沖縄の方にお中元を贈る場合は、
その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くようにしましょう。

おわりに

お中元を贈る時期は、7月初旬から8月15日までの約1ヶ月のうち、地域ごとに1週間から1ヶ月、期間が異なります。お中元は気持ちを贈るものとはいえ、地域によって習慣が異なります。異なる地域にお中元を贈る場合はできるだけその地域のお中元の時期を守り、失礼がないようにしましょう。しかし、現在は関東のお中元時期が早まっている影響により、全国的にお中元の時期が早まってきています。地域差は徐々に狭まっているのかもしれません。