愛知県東海市の宴会・お食事・ランチ・法要・なら富木島寿司の「お知らせ」ページ

お知らせNews

店舗ブログ

18.07.17

お寿司で疲労回復 東海市 富木島 寿司

東海市でも連日猛暑日が続いています。そんな中「今日は暑いからお寿司を食べに来たよ」と本日のランチでもお客様から嬉しいお声をかけて頂きました。確かにお寿司に含まれるお酢は食をすすめる強い味方です。酢の酸味は食材をさっぱりさせて食欲増進の手伝いをしてくれます。そして唾液の分泌も促され消化もよくなるという効果が期待できます。お寿司に付き物の“がり”も“しょうが”が原料で疲労回復や食欲増進が期待できる食材と言えます。何か特別なことをしていなくてもこれだけ暑い日が続くと何となく疲れている何となく食欲が出ないという方も多いと思います。でも食べないと元気がでないこともみなさんご存知なので、食欲が無くても自然と食欲が出るようなお寿司を食べに来て下さるのかもしれませんね。“こんな暑い日だからお寿司を食べに来た”は、理にかなっているのもしれません。まだまだ続きそうなこの暑さをさまざまに工夫して乗り越えたいものですね。暑さに負けず富木島寿司は“美味しい”のために明日も頑張ってまいります。東海市でお寿司を食べる際は、ぜひ富木島寿司にご相談ください。

酢が体にいい理由

<http://www.nhk.or.jp>
すしや酢の物でおなじみの酢には、疲労回復や食欲増進効果、さらには腸内環境をよくする働きがあります。酢の起源は古く、最古の発酵調味料ともいわれています。生食の多い日本では、すし、酢の物、酢漬けなど伝統的な和食の味付けに使われてきました。
このなじみ深い酢には、単なる調味料とはいえないくらいの健康効果が期待できます。
毎日の食卓に意識的に取り入れてみませんか?

なぜ酢は体にいいの?

酸っぱさのもとが疲労回復やスタミナアップに
酢の酸っぱい味のもとは、酢酸やクエン酸をはじめとする多種類の有機酸。クエン酸は、食べ物に含まれるエネルギーを活動のためのエネルギーに変えるときに役立つ成分で、酢とエネルギー源である糖質や、糖質の代謝を促すビタミンB1を一緒に摂取すると、スタミナアップや疲労回復に効果的です。
糖質やビタミンB1を多く含む食品には、玄米や麦、雑穀などがあります。これらを使ったすしは疲労回復にもってこいといえます。
また麦の中では、水溶性食物繊維のβ-グルカンが非常に多い「もち麦」が、血糖値を急上昇させないため、肥満や糖尿病が気になる人にもおすすめです。
ミネラルの吸収をよくしたり、消化吸収を助ける作用も酢のクエン酸には、カルシウムやマグネシウムなど、体内に吸収されづらいミネラルと結びついて、吸収されやすい形に変える「キレート作用」があります。また、酢の酸味は気分を爽やかにして食欲を増進させたり、だ液の量を増やして消化吸収を助ける効果もあります。

腸のぜん動運動を高めて、疲れ知らずの体に

酢には抗菌作用があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。さらに、酢に含まれているグルコン酸は善玉菌が大好きなエサ。つまり、酢をとることで善玉菌が増え、元気に活動するようになります。腸の血流がよくなり、ぜん動運動が活発になるのです。
ぜん動運動が活発になると、腸内環境が改善されて便秘が解消されるとともに、活性酸素の発生を抑制してくれ、疲れにくくストレスに強い体になります。