愛知県東海市の宴会・お食事・ランチ・法要・なら富木島寿司の「お知らせ」ページ

お知らせNews

店舗ブログ

18.07.03

知多ウイスキーあります。 東海市(富木島 寿司)

富木島寿司はおかげさまで接待でのご利用も多く頂いています。県外からのお客様を接待されている場合は、特にこの地域のお酒を好んで飲まれているように思います。こういったご要望にもお応えすべく富木島寿司では知多半島のお酒や東海市のぶどうから作ったワインなどもご用意しています。ここ最近はブームもあってか、知多半島にある蒸留所で製造されている“ウイスキー「知多」”が人気で、特にハイボールで召し上がるお客様が多いように思います。料理はもちろんお酒が美味しいことも大切なので、まだまだお酒の勉強もしていかなければならないと思っています。これからも富木島寿司は地域一番店を目指して精進してまいります。
東海市で大切なご接待をお考えの際は、ぜひ富木島寿司にご相談ください。

ウイスキー「知多」

<https://www.suntory.co.jp>

知多のこだわりとは?

世界に類をみない多彩なグレーン原酒のつくり分け知多蒸溜所では、連続式蒸溜機によって、
クリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプの世界にも類をみないグレーン原酒のつくり分けを行っています。

クリーンタイプ原酒

ピュアでクリーン、ほのかな甘さ

ミディアムタイプ原酒

マイルドな口当たりで、穀物由来の旨み

ヘビータイプ原酒

穀物様の香り立ちが強く、味わい豊か

さらに、ホワイトオーク樽を中心に、
スパニッシュオーク樽やワイン樽など、
多彩な貯蔵樽を使用することによって、
樽熟成によるグレーン原酒のつくり分けも行っています。

ホワイトオーク樽原酒

バニラの様な甘い香味

スパニッシュオーク樽原酒

甘くてフルーティ、濃厚で複雑な味わい

ワイン樽原酒

苺のように甘い香りと、滑らかな口当たり

心地よさをもたらす時間とブレンダーの匠の技

グレーン原酒は、熟成樽の個性を映しやすいという利点があります。
時を重ねることでその風味は一層深まり、やさしい樽香が活きた豊かな風味が現われます。
匠たちは、ひと樽ひと樽、熟成のピークを見極めながら多彩な原酒を重ね合わせ、繊細な香味を描いていくのです。軽やかでほのかに甘い香味を完成させるのは、「響JAPANESE HARMONY」をはじめ、
数々のウイスキーをつくり上げてきた四代目チーフブレンダー福與伸二。バランスのとれた味わいは、繊細な匠の技から生まれます。

ウイスキーづくりへの情熱と誇り

【日本らしさが冴える和紙ラベル】

躍動感と繊細さを併せもつ「知多」の書は、書家・荻野丹雪氏によるもの。ジャパニーズウイスキーの気品としなやかさを存分に表しています。軽やかな風味を想わせる白いラベルには、日本で古くから親しまれてきた和紙が使われています。

【澄んだボトル、風を描くキャップ】

明るく澄んだ黄金色のウイスキーが映える透明ボトル。やわらかな光沢を放つ白銀地に「濃藍(こいあい)」を線状に重ねたキャップシールを合わせ、軽やかな風を表現しています。